他社借入件数を整理して今後の人生を快適にしませんか

日常生活で私達は急な出費が重なってしまい、思いもよらぬ所で現金が必要になる事があるかと思います。
今は消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を含め、色々な手段でお金を借りることが出来ますが、他社借入件数が4社以上の借り入れがある場合は、大手消費者金融での借り入れは難しいと言えます。
何故ならば、大手金融会社は今はどこでも3件までの借り入れならば、追加で融資をお願いできるのですが、4件以上となると高い確率で審査に通ることがありません。
例えばこれが、年収500万以上の方が1件の会社で数万円の借り入れを4件、合計で10数万の借り入れとなれば出来るでしょう。
しかし借り入れ件数が4件以上ならば、現段階での返済をすることが難しいと考えられます。
ここで更に消費者金融で借り入れの申し込みをすれば、今の借り入れ件数や金額が全て分かってしまいます。
実は、信用情報機関で個人情報が全てデータ化されています。
消費者金融も信用情報機関のデータは必ずチェックしています。
更に貸金業法の規制により、年収の3分の1までしか借り入れが出来ません。
この規制に引っかかっていたならば、まず100%借入を行うことは無理です。
そんな方への救済措置として、弁護士等の専門家を通じての債務整理をするのが良い方法ではないでしょうか。
もし返済が困難ならば、一度借金を整理してみて今後の人生を立て直す事も視野に入れてみて下さい。
借金が複数ある人は、これらの事柄を一度確認しておきましょう。